LOG IN

結婚式場のweb作成で絶対に表現すべきたった1つのこと

by 松崎まさひろ

先日に投稿した記事では結婚式場のweb制作において気をつけるべきポイントを17項目紹介しました。

細かく落とし込むとまだまだポイントはありますが、ざっくりとは前回の記事の項目があてはまると思います。式場公式サイトの新規制作時やリニューアル時にお役立ていただければと思います。

さて、今回は結婚式場の公式サイトを作成する際に、全てのページにわたって見せていくべきたったひとつコンテンツについて書きたいと思います。

結婚式場の公式サイトで表現すべきたったひとつのこと

答えからいい

たった一つのこととは、「どんな結婚式ができるのか」を表現することです。

当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、どんな結婚式ができるのかをきちんと表現できている式場公式サイトはほとんどありません。

しかし、式場探しをしている新郎新婦からすると、どんな結婚式ができるのかという情報は式場公式サイトでは理解しづらい状況になっています。それは、結婚式というサービスが式場公式サイトでは断片的に区切られてそれぞれのページで説明されているからです。

挙式・チャペルの説明、披露宴会場の説明、お料理の説明、スタッフの紹介、各種演出の紹介がそれぞれのページで説明されていますが、新郎新婦が結婚式その日がどのように流れていき、どのような結婚式が叶うのかが見えにくくなっています

式場関係者は常に

これを回避するために必要なことが、結婚式の一連の流れを

また、コンテンツ配置とは別にもっとわかりやすく、どんな結婚式ができるのかを表現してくれるコンテンツがあります。

それは、「パーティーレポート 」です。

今まで執り行われてきた結婚式の実績です。

ほとんどの式場公式サイトでは、ブログ形式でパーティーレポートが投稿できるようになっているので、式場スタッフが自らのタイミングで投稿していくことができます。

式場探しをしている新郎新婦にとってはその会場ではどんな結婚式ができるのか、自分たちの考えている結婚式ができるのか、が視覚的に確認できるので、パーティーレポートは式場公式サイトにおいて人気コンテンツとなっています。可能な限り、執り行われた結婚式はパーティーレポートへ掲載していきましょう。

式場関係者からすれば、チャペル説明、会場説明、お料理説明を行えば、どんな結婚式かはわかってくると思いがちですが、一般の人からするとそれだけの情報ではぼんやりとしか結婚式をイメージすることができません。しっかりとその会場での結婚式がイメージできなければ、その会場への興味はそれほど湧かないでしょう。となると、フェア予約・来館予約には繋がりにくい。

どんな結婚式ができるのかを式場公式サイトですべて表現しきるのは難しい。

OTHER SNAPS